売電ナビ.com コンテンツ

スペシャルコンテンツ

LED製品情報

超高輝度LED各種製品を激安の価格で取り扱っています。少数のご注文にも柔軟に対応します。

FX取引を始めたい方必見!!

FX取引での投資を始めたい初心者の方必見!スペック比較とクチコミ情報満載!!

太陽光発電システムの御見積はこちら

太陽光発電の見積先をお探しの方は便利な太陽光一括見積を御利用ください。

風力発電を知りたい方はこちら

世界中で大注目の風力発電に関する情報満載です。

売電ナビ.com > 売電のデメリット

売電・太陽光発電のデメリット

後々になって後悔したり、トラブルが起きないようデメリットをしっかりと把握して慎重に、正しい判断をすることが重要です。

初期費用がかかる

3kwクラスのシステムで約180万円、4kwクラスのシステムで約240万~250万円程度の初期費用がかかります。さらに別途で工事費が必要になります。

天候・季節に発電量が左右される

雨の日や曇りの日など、少し日は差しているという日はその日の光で発電はしますが、晴れの日より発電量はとても少なくなります。また分厚い雲が空を覆っていたり豪雨の日で日の光が全く届かない日は、たとえ日中でも発電はできません。

建物の立地条件により発電量が左右される

一般的な戸建住宅ですと屋根に設置するのがほとんどですが、いくら日の光が当たりやすい屋根に設置したからといって近くに日の光を遮る大型のマンションや商業ビルがあれば意味がありません。設置の際には、事前のリサーチが重要です。

天候・季節に発電量が左右される

雨の日や曇りの日など、少し日は差しているという日はその日の光で発電はしますが、晴れの日より発電量はとても少なくなります。また分厚い雲が空を覆っていたり豪雨の日で日の光が全く届かない日は、たとえ日中でも発電はできません。

設置後の雨漏り

屋根に設置する太陽光発電のパネルは、3kwでも約19枚~20枚です。重さはパネルを乗せる架台込みで300~400kg程になりますので、自然と屋根には負担がかかります。それが原因で全面的な防水工事が必要になる場合もあり、多額の費用がかかってしまうこともあります。

ページの一番上へ