売電ナビ.com コンテンツ

スペシャルコンテンツ

LED製品情報

超高輝度LED各種製品を激安の価格で取り扱っています。少数のご注文にも柔軟に対応します。

FX取引を始めたい方必見!!

FX取引での投資を始めたい初心者の方必見!スペック比較とクチコミ情報満載!!

太陽光発電システムの御見積はこちら

太陽光発電の見積先をお探しの方は便利な太陽光一括見積を御利用ください。

風力発電を知りたい方はこちら

世界中で大注目の風力発電に関する情報満載です。

売電ナビ.com > エコボトル

エコボトル

自分のライフスタイルだけがエコの対象となるわけではありません。ペットとの生活の中、できるエコ活動には何があるのでしょうか。

ポイント1:「再生可能なペットボトルは本当にエコな素材?」

お茶やジュース、スポーツ飲料など、様々な飲み物の容器として身近に使われているペットボトルは、手軽で便利なことから、幅広く普及しています。 ペットボトルは、再生可能なためエコ素材と言われ、近年の環境意識の高まりにともない、リサイクル率が、飛躍的に向上しています。PETボトルリサイクル推進協議会の資料によると2010年度の指定ペットボトル販売量約59万5千トンに対して、回収量は約42万9千トンと、約72%の回収率となっています。2011年度は、販売量約60万4千トン、回収量は約48万1千トン、回収率は約80%と向上しているのがわかります。別の指標であるリサイクル率は、2010年度は83.7%と、2011年度のリサイクル率は85.8%となっており、容器包装の中でも高い水準のリサイクル率です。 こうしたことをみると、再生可能で資源保護やゴミ減量につながるペットボトルはエコな素材といえます。しかし、いくらリサイクル可能であっても、使い切りのスタイルである以上、一時は廃棄物になってしまいます。そこからリサイクルする際、環境コストが発生することは避けられません。また、リサイクル工場に運搬する際には輸送車両が温室効果ガスを排出します。工場で再生加工するためには石油資源も必要となります。 ペットボトル自体がエコな素材であっても、そういった過程でも地球に優しくしなれば、本当のエコと言いがたいように思えます。理想の形としては、廃棄物そのものを全く出さないことでしょう。

ポイント2:「エコボトルとは」

お散歩中、ペットのおしっこを流すのに水が必要ですよね。その水を水道の水からお風呂の残り湯に変えてみましょう。残り湯を利用することで節水にもつながります。

ポイント3:「エコボトルのすすめ」

近年では、マイボトルの取り組みを支援する環境も増えてきています。マイボトルに飲料を提供するコーヒーショップ、水筒に注ぎやすい給水機を開発する企業などもでてきています。これからさらにマイボトルは普及すると考えられます。この機会にお気に入りのマイボトルを見つけてみてはいかがでしょうか。

ページの一番上へ