売電ナビ.com コンテンツ

スペシャルコンテンツ

LED製品情報

超高輝度LED各種製品を激安の価格で取り扱っています。少数のご注文にも柔軟に対応します。

FX取引を始めたい方必見!!

FX取引での投資を始めたい初心者の方必見!スペック比較とクチコミ情報満載!!

太陽光発電システムの御見積はこちら

太陽光発電の見積先をお探しの方は便利な太陽光一括見積を御利用ください。

風力発電を知りたい方はこちら

世界中で大注目の風力発電に関する情報満載です。

売電ナビ.com > 売電の仕組み

売電の仕組み

全量買取制度と余剰電力買取制度

2012年7月に、「企業用太陽光発電の売電については、全量買取制度」、「住宅用太陽光発電の売電については、余剰電力買取制度」を実施することが決定されました。

全量買取制度

全量買取制度とは、太陽光パネルで発電した電力すべてを電力会社に売り、使用する電力は通常通り電力会社から買う制度のことです。 産業用などの非住宅用は、今までは1kwあたり40円という価格で余剰電力のみ買い取りされていましたが、今後は、1kwあたり42円で発電した電力全量を電力会社が20年間買い取り続けます

余剰電力買取制度

余剰電力買取制度とは、太陽光発電で発電した電気のうち、余ったものを電力会社に買い取ってもらえる制度のことです。現在の買取単価は1KW/hあたり42円で、設置後10年間は買い取り価格は変動しません。この単価は毎年改定され、太陽光発電の設置費用が技術革新や業者間の価格競争によって下がっているため、買取価格も計画的に徐々に下がるとされています。
買取単価が下がると費用回収までに時間がかかり、高い間に購入・設置した方がお得に感じられますが、実際は現状の設置費用の相場にあわせて単価が設定されるので、費用回収期間はそれほど変わらないと言われています。 また、電力会社が電力の余剰電力分の買取に要した費用(買取費用)は、「太陽光発電促進付加金」として、電気を使用する全ての人が負担することになっています。太陽光発電促進付加金は、電力の使用量によって決定します。
この太陽光発電促進付加金は毎年改定されます。現在の価格は平成25年3月までです。

ページの一番上へ