売電ナビ.com コンテンツ

スペシャルコンテンツ

LED製品情報

超高輝度LED各種製品を激安の価格で取り扱っています。少数のご注文にも柔軟に対応します。

FX取引を始めたい方必見!!

FX取引での投資を始めたい初心者の方必見!スペック比較とクチコミ情報満載!!

太陽光発電システムの御見積はこちら

太陽光発電の見積先をお探しの方は便利な太陽光一括見積を御利用ください。

風力発電を知りたい方はこちら

世界中で大注目の風力発電に関する情報満載です。

売電ナビ.com > 余剰電力買取制度

余剰電力買取制度

2009年11月から始まった「太陽光発電の余剰電力買取制度」は、「エネルギー供給構造高度化法」に基づいて制定され、太陽光発電システムによって作られた電力のうち、使われずに余った電力(余剰電力)を法令で定める条件により、電力会社が買取する制度です。
また、電力会社が余剰電力の買取に要した費用(買取費用)は、「低炭素社会の実現」という観点から、2010年4月以降、「太陽光発電促進付加金」として、電気を使用する全てのお客さまにご負担いただくことになりました。

ポイント1:「買取対象は余剰電力」

太陽光発電システムにより家庭などで作られた電力のうち、余剰電力が買取対象です。 ただし、発電事業目的で設置された太陽光発電システムからの買取は対象外となります。

ポイント2:「買取期間は10年間で買取の単価は固定」

買取価格は年度毎に国により設定されますが、当該年度に設置された発電設備については、設備等に変更がない場合は、設置以降10年間、単価を固定して買取らせていただきます。

ポイント3:「買取費用は電気を使用する全てのお客さまが負担」

買取費用は、「太陽光発電促進付加金」として、電気を使用する全てのお客さまにご負担いただきます。

ページの一番上へ